金正日総書記「暗殺」のアイデア:日本に持ちかけていたCIA

春名幹男

 米朝間のサイバー対決を招いた米国のコメディー映画「ザ・インタビュー」。北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺がテーマで、テレビのニュースキャスターとプロデューサーが米中央情報局(CIA)の指示を受けてインタビューを装い、第1書記に近づいて暗殺するストーリー――と聞いて、奇妙な既視感を覚えた。

 1990年代に、先代の金正日総書記の「毒殺」というアイデアをCIAの幹部が日本の公安警察幹部に持ちかけていた、という話を思い出したからだ。

「金正日の料理人」として知られた藤本健二氏のことを、日本の公安警察幹部がアメリカ側との非公式接触で話した時のことだ。これに対して、CIA幹部と米国家安全保障会議(NSC)の部長から「金正日総書記を毒殺できた可能性があったのではないか」と異口同音に指摘されたというのだ。

 藤本健二氏は、1982年以降日本と北朝鮮の間を再三行き来し、金正日総書記お気に入りの料理人になった。1988年以後は総書記の専属料理人となった。しかし1996年、食材仕入れのため一時帰国した際に逮捕され、公安警察のいわゆる「デブリーフィング」(事情聴取)で北朝鮮での経験を話した。

 いったん、日本国内で調理師の仕事に戻り、刺客らしい男に追われたりもしたが、北朝鮮に残した現地妻と子供が忘れがたく、2年後、北朝鮮に戻ることを決めた。その際彼は、公安警察から情報協力を依頼された。

執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順