「遊民経済学」への招待
「遊民経済学」への招待(1)

何用あって北陸へ

吉崎達彦
執筆者:吉崎達彦 2015年4月4日
カテゴリ: 文化・歴史 社会 金融

 日曜日の夕方、上野駅の地下20番ホームに立ってみて驚いた。ほとんど5分間隔で新幹線が来るのである。しかもその行き先が実にバラエティに富んでいる。

 

16:14 あさま 長野行き(長野新幹線)
16:18 やまびこ 仙台行き(東北新幹線)
16:26 はやぶさ・こまち 新青森/秋田行き(東北・秋田新幹線)
16:30 かがやき 金沢行き(北陸新幹線)
16:34 はやて 新青森行き(東北新幹線)
16:38 とき 新潟行き(上越新幹線)

 

 上野駅の20番ホーム。4分おきに違う種類の新幹線が入ってくる。
上野駅の20番ホーム。4分おきに違う種類の新幹線が入ってくる。

 ホームで待っている乗客は高齢の方が多いようなので、間違えた車両に乗ってしまうのではないかと見ていて心配になる。東京駅ならば乗り場が別々に表示されているが、上野駅ではそれらがまとめて1本のホームに入ってくる。まあ、途中で気が付けば、大宮駅で乗り換えるという手があるのだけれど。

 次々にホームに入ってくる新幹線は、それぞれに車体が個性豊かである。新青森行きの「はやて」はモスグリーンの車体で先頭部分が尖っている。秋田行き「こまち」の先頭部分は派手な赤色に染まっている。新潟行きの「とき」には、2階建て車両がついている。そして目指す北陸新幹線は、アイボリーの車体に丸みを帯びた青が先頭部分を覆い、さらにゴールドのストライプが入っている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
吉崎達彦
吉崎達彦 双日総合研究所チーフエコノミスト。1960年(昭和35年)富山市生まれ。一橋大学社会学部卒業後、1984年日商岩井(現双日)に入社。米国ブルッキングス研究所客員研究員、経済同友会調査役などを経て現職。新聞・経済誌・週刊誌等への執筆の他、「サンデープロジェクト」等TVでも活躍。また、自身のホームページ「溜池通信」では、アメリカを中心に世界の政治経済について鋭く分析したレポートを配信中。著書に『溜池通信 いかにもこれが経済』(日本経済新聞出版社)、『1985年』(新潮新書)など、共著に『ヤバい日本経済』(東洋経済新報社)がある。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順