人民は理解してくれない

名越健郎
執筆者:名越健郎 2009年6月号
カテゴリ: 国際 金融
エリア: 朝鮮半島

 北朝鮮が予告通り、人工衛星と称して発射した弾道ミサイル、テポドン2号改良型の開発・製造経費は推定3億ドル。コメなら100万トンに相当し、韓国当局者は「北朝鮮の1年間の食糧難を解消できる分量」と指摘した。 金正日労働党総書記も先軍政治の矛盾は認識しているらしい。労働新聞によれば、総書記は「衛星発射成功を誇りに思う」としながら、「その分の予算を国民のためにつぎ込めず心苦しく思う。それでも人民は理解してくれるだろう」と述べ、涙を流したという。 韓国や米国のラジオ放送は、「発射失敗」を繰り返し放送しており、失敗だったことはいずれ口コミで社会に広がるだろう。発射強行には北の弱さも読み取れる。 金総書記の側近が報告した。「良いニュースと悪いニュースがあります。良いニュースは、衛星発射成功を見たイランがわが国のミサイル購入を望み、現金1000万ドルを送金してきたことです」「悪いニュースは何だ」「送られたドル紙幣はわが国で印刷されたものです」 船が沈みかけた時、船長は乗客にどう飛び降りるよう説得するか――。 日本人には、「全員が飛び降りました」 大阪人には、「阪神タイガースが優勝しました」 韓国人には、「日本人も飛び降りました」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順