介護士受け入れ「有力政治家」の言い分

出井康博
執筆者:出井康博 2009年9月号

「ヤマモトさん、今は夏ですねえ」 車椅子の老女の脇にしゃがんで、白地に緑のアクセントの入った制服を着たインドネシア人介護士、ワヒューディン君(二七)が、のんびりとした調子で話しかけている。「そうだね……」「ヤマモトさん、夏祭りには行きましたか」「若いころには行ったよ」「ワカイコロ?」「そう、若い頃はね……」「今でも、若いですよ」 そのひとことで、老女の顔がくしゃくしゃになった。「なあに! もう、しわくちゃだよ!」 老女が弾けるように笑った。立派にコミュニケーションが成立しているばかりか、ユーモアも通じている。 徳島県牟岐町にある特別養護老人ホーム「緑風荘」。この施設で、今年一月末からワヒューディン君は働いている。 ワヒューディン君はちょうど一年前の昨年八月、約二百人のインドネシア人介護士・看護師と一緒に来日した。その後、約半年間の日本語研修を経て緑風荘に配属された。 ワヒューディン君らは、日本が初めて介護・看護分野で受け入れた外国人労働者だ。今年五月には、フィリピンからも約三百人の介護士・看護師が来日した。日本はインドネシアとフィリピンとの間で結んだ経済連携協定(EPA)に基づき、両国から当初の二年間で千人ずつの介護士と看護師を受け入れる予定だ。さらに今後、ベトナムやタイからの受け入れが実施される可能性もある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)がある。最新刊は『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順