饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(143)

国民の心を動かした2つのサッカー国際試合

西川恵
執筆者:西川恵 2009年12月号
カテゴリ: スポーツ 国際

 十月、二つのサッカーの国際試合が注目を浴びた。一つは国と民族の誇りを確認する場となり、もう一つは長年反目してきた国同士の和解を演出した。 パレスチナ自治区のヨルダン川西岸の都市アラム。二十六日、パレスチナとヨルダンの女子チームによる親善試合がもたれた。自治区でサッカーの国際試合が行なわれたのは初めてだった。スタジアムはパレスチナ人観客一万人で埋まり、三分の二が女性。自治政府のサラム・ファイヤド首相や、国際サッカー連盟(FIFA)が派遣した幹部も観戦した。 パレスチナのチームは赤いユニフォーム、ヨルダンチームは白。大部分が半袖シャツに膝上パンツ。イスラム教の戒律を守り、スカーフを被り、パンツの下にタイツをはいた女性は数人だけ。紅白の選手がボールを追ってピッチを駆け回ると、パレスチナの国旗が打ち振られ、自治政府の故アラファト元議長の肖像が大きく揺れた。 パレスチナチームのキャプテン、ハネー・タルジェさん(二四)はベツレヘムに住む。最年少のアヤ・カティブさん(一四)はジェリコ近郊の難民キャンプからの参加。以前、エリエル監督は「女性たちの住む場所は離れていて、苦しい家計を支える仕事もある。イスラエル軍の封鎖で足止めされることもあり、全員での練習がほとんどできない」と厳しい環境を語っている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順