フランス国民戦線「父娘戦争」(下)叔母と姪の「微妙な関係」

国末憲人
執筆者:国末憲人 2015年4月27日
エリア: ヨーロッパ

 1974年、大統領選に立候補した父ジャン=マリー・ルペンの得票率は、わずか0.74%だった。1981年の大統領選では、立候補に必要な地方議員の署名さえ集められなかった。この頃までは泡沫に過ぎなかった国民戦線が大きく飛躍したのは、1980年代半ばである。主張の軸足を反共から反移民に移し、大衆に広く受け入れられるようになった。1981年に誕生したミッテラン左派政権が行き詰まり、左翼に対する幻滅感が広がったことも後押しした。比例代表制で実施された1986年の総選挙で、国民戦線は一気に35人の当選者を出した。急成長ぶりを見た右派政党からは、国民戦線との連携を目指す動きが顕在化した。

 この勢いをつぶしたのが、前回(上)で述べた通り1987年のルペンによるガス室発言だった。擦り寄りかけた右派が一斉に背を向けただけでない。党内からも離反の動きが相次いだ。国民戦線は孤立し、小選挙区制に戻った1988年の総選挙でも惨敗した。

 

分裂から党勢回復へ

 これ以後、党の行き詰まりを打開しようと狙う改革派の活動が目立ち始めた。その役割を担ったのが、エリート右翼集団「時計クラブ(Club de l'Horloge)」と、中心人物のブルノ・メグレだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順