国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(62)

「任那日本府」の何が問題か

関裕二
執筆者:関裕二 2015年5月18日
エリア: 朝鮮半島

 4月6日に検定合格した中学校教科書に、朝鮮半島南部の「任那(みまな)日本府」の記載があり、韓国のマスコミは非難の声をあげた。李完九前首相も、「歴史歪曲」と発言し、韓国国会の「東北アジア歴史歪曲対策特別委員会」は「安倍政府の独島(日本名・竹島)領有権の侵奪および古代史の歪曲に対する糾弾決議案」を採択している。
「任那日本府」の何が問題なのだろう。

 

外交使節の滞在先?

 そこでまず、「任那」について、基礎知識を頭に入れておこう。『日本書紀』は、朝鮮半島最南端の海岸地帯の伽耶(かや)諸国(小国群)を、「任那」と一括して呼んでいる。交通の要衝で、多島海を利用して栄えた。
 最古の「任那」の記録は、西暦414年に建てられた高句麗好太王碑の銘文に刻まれた「任那加羅」だが、不思議なことに、こののち「任那」は、朝鮮側の史料にほとんど登場しなくなる。一方中国の『宋書』は、5世紀の倭の五王に関連した記事の中で「任那加羅」を記録している。
『日本書紀』における任那の初出は、崇神65年秋7月条の朝貢記事だ(おそらく4世紀)。その5年後の垂仁2年是歳条にも任那関連記事が取りあげられていて、さらに応神7年秋9月条には、「高麗人、百済人、任那人、新羅人が来朝した」とも記録される。
 そして問題の「任那日本府」の初出記事は、欽明2年(541)夏4月条だ。新羅と百済に領土を侵食された任那が倭国に助太刀を頼み、これに応え安羅(慶尚南道咸安)に拠点を構えたと『日本書紀』はいう。
 ただし朝鮮側の史料に、この「日本府」の文字はない。ならば、「任那日本府」、どのように判断すればよいのだろう。
 韓国の史学者、考古学者、マスコミ、政治家も、古代朝鮮の優位性を信じて疑わないから、「任那日本府などなかった」と主張し、『日本書紀』が「任那日本府」を捏造したというのである。
 そして近年、朝鮮半島の考古学の進展によって、任那日本府に関して、日韓の史学者に、共通の認識が生まれつつあると言う。すなわち任那日本府は、6世紀前半に倭の外交使節が短期滞在した「安羅倭臣館」にすぎないというのだ(朴天秀『加耶と倭』講談社選書メチエ)。
 日本人自身も「先進の文物は朝鮮半島から一方的に流れ込んできた」という漠然とした通念に縛られているから、韓国側の反発に、なかなか反論する勇気が出ないのではなかろうか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順