絶好調「日本株」の行方を握る「個人投資家」の行動心理

磯山友幸
執筆者:磯山友幸 2015年6月1日
エリア: 日本

 東京証券取引所市場1部の時価総額が5月22日、591兆3007億円に達し、バブル経済期に日経平均株価が最高値を付けた時(1989年12月29日)の590兆9087億円を25年ぶりに更新した。また、日経平均株価も5月15日から28日まで上げ、10営業日連続の上昇となった。10連騰は1988年2月に13連騰して以来の記録だという。早くも市場関係者からは「日経平均2万5000円が見えてきた」といった強気な声も聞こえる。

 こうした「バブル期超え」の力強い上昇相場を支えているのは、海外投資家の買い。東証がまとめた東京・名古屋2市場1・2部合計の投資主体別売買動向によると、海外投資家は2月以降買い越しに転じ、買いの主役になっている。買い越し額は、2月は2014億円とそれほど大きくはなかったが、3月には5305億円となり、4月は一気に1兆9953億円にまで拡大した。5月に入っても3週連続で買い越している。

 何せ日本の株式市場の売買シェアは海外投資家が6割を占めるだけに、市場の趨勢に大きな影響力を持つ。

 

一気に進んだ「ROE重視」シフト

 では、なぜいま、海外投資家が積極的に買い進んでいるのか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
磯山友幸
磯山友幸 1962年生れ。早稲田大学政治経済学部卒。87年日本経済新聞社に入社し、大阪証券部、東京証券部、「日経ビジネス」などで記者。その後、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、東京証券部次長、「日経ビジネス」副編集長、編集委員などを務める。現在はフリーの経済ジャーナリスト。著書に『国際会計基準戦争 完結編』、『ブランド王国スイスの秘密』(以上、日経BP社)、共著に『株主の反乱』(日本経済新聞社)、編著書に『ビジネス弁護士大全』(日経BP社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順