【ブックハンティング】「場末」台湾に生きる「移民」外省人の物語

野嶋剛
選考会では満場一致で決まったという(講談社刊)

 直木賞と台湾は、なぜか、縁が深いような気がする。

 台湾出身で直木賞を獲った作家と言えば、1955年に『香港』で受賞した邱永漢と、1968年の『青玉獅子香炉』の陳舜臣がいる。

 この2人は後の日本の言論・文学界でそれぞれのスタイルで異彩を放ち、巨大な業績を残し、最近、相次いで物故した。そんな折、同じ台湾出身の東山彰良の直木賞受賞には、不思議な巡り合わせを感じないわけにはいかない。

 同時に、邱永漢、陳舜臣の2人と東山彰良の違いは大きい。前の2人は基本的に台湾土着の本省人であり、日本統治のなかで「日本人」として日本語と日本人の教養を身につけた「日本語世代」の人々だった。李登輝・前台湾総統にも通じるところがあるが、日本人以上に日本語に親しみながら中華文化の素養も身につけ、同時に台湾的土着性も失わないという、日台の歴史の産み落とした特異な才能である(2015年2月2日「陳舜臣は『中国人作家』だったのか:その複雑な国籍の変遷を考える」参照)。

 一方、東山彰良は本省人と対比されて論じられることの多い、いわゆる外省人の一族である。外省人とは、1949年に大陸から台湾に渡ってきた人々のことで、東山の祖父と受賞作『流』の主人公のモデルである父親がそれにあたる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順