80時間世界一周
80時間世界一周(80)

英領ジブラルタル:海洋帝国の拠点

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2015年10月6日

 日本から英領ジブラルタルへは、ロンドンを経由すると約30時間かかる。日本からロンドンに到着するフライトは夕方で、同日中の乗継便がないため、どうしても空港周辺のホテルに一泊する必要があるからだ。とても効率が悪く、しかもホテルの宿泊料金は心臓が止まるほど高い。スペインの南端に位置するため、パリやフランクフルトで乗り継ぐと、最短時間で到着できると想像を膨らませていたのだが、なにせフライトがない。主要なフライトは、ロンドンのヒースロー空港発着のブリティッシュ・エア、もしくはガトウィックやルートンと呼ばれる空港からLCCに搭乗する以外に方法がない。他にモロッコ航空があるが、まずはモロッコに行かなくてはならないので選択肢に入らない。

北西側のスペインから見た「ザ・ロック」(写真はすべて筆者撮影)

 ロンドンから3時間弱でジブラルタルに到着する。機内から1つの巨大な「岩」がみえたが、この「岩(ザ・ロック)」そのものがジブラルタルであった。滑走路が短いため、離発着する旅客機はA-320など中型機に限られる。僅かな平地には集合住宅やビルが隙間なく建てられており、岩場の地形を利用したため道路は曲がりくねり、直線道路はほとんどない。居住人口は約3万人だが、労働者の大半は日帰りで通勤してくるスペイン人だ。
 目の前にイルカが泳ぐジブラルタル湾が広がる。南に目をやるとジブラルタル海峡を航行する船舶が視界に入り、沖合14キロ先にはアフリカ大陸の山々が見える。モロッコは目と鼻の先で、ヨーロッパの終焉は、アフリカの始まりであることを実感する。伊豆半島から大島を見る光景に似ている。

執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順