80時間世界一周
80時間世界一周(81)

「007」の生みの親「イアン・フレミング」の数奇な人生

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2015年12月14日
エリア: ヨーロッパ

 英国スパイ・アクション映画『007スペクター』が12月4日から全国で一斉に上映されている。英国秘密情報部MI6のエージェントとしてジェームズ・ボンドが登場し、国際犯罪組織スペクター(SPECTRE)を相手に縦横無尽の活躍を展開する。主役のダニエル・クレイグにとって、シリーズ4作目となる。すっかりジェームズ・ボンド役が板についてきたが、今回の作品を最後に、ボンド役を引退するという。
 007映画シリーズの第1作は、1962年公開の『ドクター・ノオ』(日本では翌63年に『007は殺しの番号』として公開)で、映画シリーズでスペクターが初めて登場した作品でもある。スペクターは英語で「幽霊」、「お化け」、「恐ろしいもの」を意味するが、映画ではSPE(特殊執行機関=Special Executive)、C(敵スパイへの防諜工作=Counter-Intelligence)、T(テロ=Terrorism)、R(復讐=Revenge)、E(強奪=Extortion)の頭文字を合成した架空の国際犯罪組織として描かれている。防諜工作、テロ、復讐、強奪を手掛ける専門の特殊執行機関という意味だ。『ドクター・ノオ』以来、007シリーズは今回の『スペクター』で24作目となり、シリーズ映画として時代を超えて世界中のファンを魅了し続けてきた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順