【金】シリア問題、絵画教育

執筆者:フォーサイト編集部 2015年11月20日

「ヨーロッパの部屋」に、「オランドは『シリア問題』解決へ『外交イニシアティブ』を握れるか」(渡邊啓貴さん)の新エントリ。パリ同時テロを受け、シリアへの攻撃を強めるフランスですが、この先の成算は? ロシアは攻勢を強める一方、米国は慎重な姿勢を堅持。シリア問題「解決」への道は不透明です。
昨日、成毛眞さんの「逆張りの思考 絵画教育のプロはどこにいるのか」をアップロードしました。初心者でもそこそこの絵が描けるテクニックを教える絵画教室をチェーン展開すれば、結構うまくいくかもしれません。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順