台湾・国民党・共産党「それぞれの抗日」の行方

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2015年12月7日
エリア: 中国・台湾 日本

 歴史というのは、厄介な代物である。なぜなら、歴史には、歴史観というものが伴い、歴史観は国や地域によって異なり、同じ歴史的事象に対して違った解釈を生み出す。ときにその解釈が、まるで別世界のもののようにかけ離れ、お互いに相容れないことになる。

 台湾をめぐっては、特に歴史観の対立が鮮明に浮かび上がることが多い。なぜなら、台湾では「台湾の抗日」、「国民党の抗日」、そして「共産党の抗日」という「3つの抗日」が絡みあい、ぶつかりあっているからである。

 

中国政府の政治的な試み

 この秋、北京にある中国人民抗日戦争紀念館に「台湾抗日」の展示コーナー「台湾抗日同胞史実展」が完成した。「北京秋天」の言葉にふさわしく、PM2.5がまったく感じられないブルーの秋晴れの下で、日中戦争が勃発した盧溝橋にある紀念館に向かった。紀念館は中国の抗日戦争に関する最大の権威であり、展示内容は基本的に中国共産党の公式見解だと考えていい。

 新設された「台湾抗日」展示の説明の冒頭には、「台湾は古より中国の神聖かつ分割不能な領土である」と書かれていた。台湾政策の一環として作られた展示であると強く印象づけられる。明治維新後の日本軍が初めて台湾に足を踏み入れた 1874年の台湾出兵から日本の「侵略」が始まったという位置づけで、日清戦争によって日本が台湾を無理矢理奪い、植民地統治では軍を中心とする強権政治によって台湾の資源を収奪し、人民を抑圧し、皇民化を進めた、という筋書きになっている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順