監査制度を揺るがす「会計士協会」の無責任体質

磯山友幸
執筆者:磯山友幸 2016年1月19日
エリア: 日本

 東芝の巨額粉飾決算問題で、企業の決算書をチェックする会計監査制度が大きく揺らいでいる。企業経営者が不正を働いて監査法人を騙そうとすれば粉飾を見抜くのは困難だというのが、会計監査業界が繰り返してきた「言い訳」だが、それが東芝という日本を代表する企業で起きてしまっただけに、監査制度の根幹がグラついているのである。

 監査制度が揺らげば、日本企業ひいては日本の資本市場の信頼が揺らぐ。日本企業の決算書は信用できないので、危なくて日本株など買えない、ということになりかねないのだ。では、どうやって監査制度への信頼を回復するのか。

 

伝わらない危機感

 1月13日、日本公認会計士協会が主催する恒例の新年賀詞交歓会が東京の帝国ホテルで開かれた。例年は立錐の余地がないほど賑々しいパーティーだが、今年はめっきり人が少なく、華やいだ雰囲気に乏しかった。いつも大勢でやってくる金融庁など霞が関の官僚がほとんど顔を見せなかったことが大きい。すでに国会が始まっていることも一因だが、不祥事が起きている監督対象の業界のパーティーには出席しにくいという面も強かったのだろう。

「2016年に何をやるか。会計監査への信頼を回復させなければなりません」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
磯山友幸
磯山友幸 1962年生れ。早稲田大学政治経済学部卒。87年日本経済新聞社に入社し、大阪証券部、東京証券部、「日経ビジネス」などで記者。その後、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、東京証券部次長、「日経ビジネス」副編集長、編集委員などを務める。現在はフリーの経済ジャーナリスト。著書に『国際会計基準戦争 完結編』、『ブランド王国スイスの秘密』(以上、日経BP社)、共著に『株主の反乱』(日本経済新聞社)、編著書に『ビジネス弁護士大全』(日経BP社)などがある。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順