【ブックハンティング】「華僑華人」をソフトパワーに利用する中国「国家プロジェクト」

樋泉克夫

 共産党政権による圧政を逃れて海外に脱出したチベット人を「逃亡藏人」と呼び、彼らをも華僑華人と見做し、これまでの「重漢軽少(漢族を重視し少数民族を軽視する)」から「漢少并重(漢族と少数民族を同様に重視する)」へと、華僑華人研究の大転換を打ち出す書である『華僑華人与西南辺疆社会穏定』(石維有/張堅著 社会科学文献出版社 2015年9月)が出版される2カ月前の2015年7月、『華僑華人在中国軟実力建設中的作用研究  RESERCH ON EFFECTS OF OVERSEAS CHINESE IN CHINESE SOFT POWER BUILDING』(謝婷婷/駱克任等著 経済科学出版社)が出版されていた(前書については2016年1月10日「【ブックハンティング】チベット問題を『国内問題』に矮小化する習近平の『新方針』」を参照)。

 
 
『華僑華人在中国軟実力建設中的作用研究』

 表紙に「教育部哲学社会科学研究重大課題攻関項目」と記し、冒頭の「前言」で教育部が定めた「2010年重点研究委託項目」の一環としての「華僑華人在中国軟実力建設中的作用研究」だと謳っているところから、本書は教育部からの研究資金を受託して進められた中国の世界戦略構築に、華僑華人がソフトパワー面で果たす役割を研究した成果、つまり教育部主宰国家プロジェクトと考えて間違いないだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順