国際論壇レビュー
国際論壇レビュー

「オバマ外交」は「リアリズム」か「孤立主義」か

会田弘継

 アジア重視策の柱である環太平洋連携協定(TPP)の署名式も終え、国交を回復したキューバを米大統領として88年ぶりに訪問した。自ら主導した「核安全保障サミット」の最後の会合も世界の首脳を招いてワシントンで開いた――。

 2期8年に及ぶオバマ外交もいよいよ「まとめ」の段階に入ったところで、それを総括する長編の分析が老舗論壇誌『アトランティック』4月号に掲載され、米首都ワシントンでセンセーションを巻き起こしている。タイトルは「オバマ・ドクトリン」。

 なぜ、オバマはアメリカが「世界の警察官」であることを止める決断をしたのか。その論理は。その心理は。同誌のスター外交記者ジェフリー・ゴールドバーグがここ数年にわたり何度も重ねてきたオバマとの単独会見を基に政権幹部とのインタビューも加え、えぐり出す。同誌ではここ十数年来で最長という大型記事だ。【The Obama Doctrine, The Atlantic, April

 2013年8月、シリアのアサド政権が毒ガス・サリンを使用したとき、それまで毒ガス使用は「越えてはならない一線(レッド・ライン)だ」と強く警告していたオバマは、警告にもかかわらず武力行使に踏み切らなかった。それは、米大統領ひいてはアメリカ国家の「信頼性」を大きく揺るがした事件として、いまだに尾を引いている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:5
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順