国際論壇レビュー
国際論壇レビュー

トランプの黒幕「バノン」の世界観(2)「エスタブリッシュメントのすべてを壊す」

会田弘継
暴走も懸念される黒幕だが……(C)AFP=時事

 

 トランプ大統領の首席戦略官として、異例なほどの権力を握りだしたスティーブ・バノンの世界観をさらに考える。

『ハリウッド・リポーター』でのベテラン・ジャーナリスト、マイケル・ウルフとのインタビューで、注目される発言には次のようなものもある。「自分は白人民族主義者(white nationalist)ではない。ナショナリストだ。経済ナショナリストだ」「グローバリストはアメリカの労働者階級を破綻させ、アジアに中産階級をつくりあげた。これから肝腎なのはアメリカ人がまんまとやられたということがないようにすることだ。それが実現できれば、白人票を60%だけでなく、黒人票もヒスパニック票も40%とって、政権は50年続く」「(アンドリュー・)ジャクソン(第7代大統領)のポピュリズムみたいに、まったくあたらしい政治運動をつくる。すべては雇用のためだ」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)など、近著に『トランプ現象とアメリカ保守思想』(左右社)がある。
comment:8
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top