逆張りの思考
逆張りの思考

ARとVRを学ぶ

成毛眞
執筆者:成毛眞 2016年8月25日
エリア: 日本

 ようやく少し落ち着きが見えてきたが、いまだに『ポケモンGO』は大流行中だ。世界中でこれほど多くの人にダウンロードされたスマホ用のゲームはないだろう。

 今さらポケモンGOとはどんなゲームなのか他人に聞けない人のためにかいつまんで解説すると、要するに宝探しゲームである。プレイヤーは3つの陣営に分かれるが、まずはスマホを持って外へ出る。するとそこここで、ポケモンのキャラクターを入手できたり、レベルアップすれば模擬戦ができたりする。基本の部分は、以前何度か書いた『Ingress』というゲームと同じだが、現実世界には存在しないキャラクターが、スマホを介することであたかもそこにいるかのように見える拡張現実(AR)が新しい。このAR、そして仮想現実(VR)は、あらゆる企業があらゆる手法を使って流行らせようとしてきたが、ポケモンGOはあっという間にそのハードルを乗り越えた。

 ARやVRは試してみたいが、いい歳をしてポケモンはゲットしたくないという人には、以下のアプリをお薦めしたい。

 まず『Flightradar24』。無料版もあるが、断然、有料版がいい。たったの480円だ。 立ち上げると、地図の上に飛行機のアイコンがいくつも見える。これは現在飛行中の民間航空機を示している。羽田空港の周辺では、離陸したばかり、あるいは着陸しようとしている航空機が何機いるか、すぐわかる。地図を北アメリカに切り替えると、航空機が雲霞のごとく群れているのが見て取れる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順