クリントンの「チャイナ・コネクション」(下)「中国政府」「軍」へのパイプ

樋泉克夫
1992年、夫が大統領選初チャレンジで当選する直前のクリントン夫妻。この頃すでにチャイナ・コネクションにどっぷり浸かっていた(C)AFP=時事

 

 クリントン夫妻と李文正・李白父子の出会いは1981年のアーカンソー州リトルロックだが、次の舞台は1990年代初頭の福建省莆田県の海上に浮かぶ湄洲島に移る。

 1980年代末、台湾政府は政府高官や軍幹部を除く一般人の大陸への「探親旅行」を解禁した。「探親」は里帰りを意味するが、ことに本省人と呼ばれる台湾の人々の大半の祖先は閩南と呼ばれる福建省南部から明代以降に移住してきた。つまり本省人の先祖の墓の多くは福建南部に在る。「探親旅行」の解禁とは、本省人に先祖の墓参りを認めると同時に、大陸の親類縁者との往来を許すことを意味するわけだ。

 ここで湄洲島が登場する。じつは湄洲島には、10世紀に福建南部沿岸で起こった海の安全を守る媽祖信仰の総本山である天妃廟が置かれている。10世紀以降、福建南部から中国各地、さらには東南アジア各地への移住者の多くは媽祖信仰の信徒だった。なかでも最も熱心なのが台湾に移っていった人々(つまり本省人)であり、彼らは天妃廟詣でを欠かすことはなかった。だが中華人民共和国が成立し、台湾海峡の往来が途絶えると同時に、台湾の媽祖信徒による天妃廟詣は不可能となる。それが1978年末に中国が対外開放に踏み切り、10年遅れながら台湾からの「探親旅行」が解禁されるや、台湾の媽祖信徒は堰を切ったように天妃廟詣でに馳せ参ずることとなる。ヒトが集まればカネが落ち、ビジネスチャンスが生まれた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
樋泉克夫
樋泉克夫 愛知大学教授。1947年生れ。香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士課程を経て、外務省専門調査員として在タイ日本大使館勤務(83―85年、88―92年)。98年から愛知県立大学教授を務め、2011年より現職。『「死体」が語る中国文化』(新潮選書)のほか、華僑・華人論、京劇史に関する著書・論文多数。
comment:5
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順