「第3党」候補が米大統領選に及ぼす影響

足立正彦
執筆者:足立正彦 2016年9月20日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: 北米
体調不良から支持率にも陰りが……(C)EPA=時事

 

 2016年米国大統領選挙では、民主党大統領候補のヒラリー・クリントン前国務長官、共和党大統領候補のドナルド・トランプ氏、両候補に共通している特徴が度々指摘されている。それは、両候補ともに有権者の間での「好感度」が過去の大統領候補と比較した場合、極めて低い点である。

 

稀有な現象

 米世論調査大手のギャラップ社が9月5日から12日までの8日間に全米の有権者を対象に実施した最新世論調査では、クリントン氏について、「好感が持てる(favorable)」と回答した有権者は38%にしか達していないことが判明した。対照的に、「好感がもてない(unfavorable)」との回答は57%に達しており、実に19ポイントも大幅に上回っているのだ。

 トランプ氏についてもクリントン氏に酷似した傾向が明らかになっている。同調査では、トランプ氏に対して「好感が持てる」との回答はわずか36%であったのに対し、「好感が持てない」との回答は23ポイントも大幅に上回る59%にも達している。つまり、両候補とも実に有権者の約6割が「好感が持てない」と回答しているのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順