中国の圧力に「4つのノー」で答えた蔡英文の気概

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2016年10月14日
エリア: 中国・台湾
この「建国記念日」演説でも堂々たる自説を述べた(C)EPA=時事

 

 台湾の蔡英文総統が9月下旬から10月上旬にかけて、着任から100日という政権としては最初の節目となるタイミングで、注目されている対中政策に対して重要なメッセージを相次いで発した。中国が執拗に求める「1992年合意」(1つの中国を認めながら、その解釈は中台双方で異なる)の承認をめぐって、中国人観光客の制限や対話窓口の封鎖、台湾の国際機関への参加阻止などの「制裁」措置を中国が繰り出し、圧力をかけていることに対し、「中国への善意は失わないが、圧力には屈しない」など「4つのノー」という形ではねつける女性総統の気概を見せた。

 

歴代政権の方針を否定

 この間に行った蔡英文総統の発言は4回。9月29日の民進党結党30周年の党主席談話、10日4日の米紙『ウォール・ストリート・ジャーナル』(WSJ)インタビュー、10月6日の『読売新聞』インタビュー、10月10日の建国記念日「国慶節」の演説、である。

 語られたのは、基本的に「『1つの中国』を受け入れろという中国の圧力には屈しないが、あからさまな対決路線は歩まない」というスタンスであり、前者は馬英九路線の否定、後者は陳水扁路線の否定を、それぞれ暗示したものだ。蔡英文が、新しい道を探ろうとしていることがうかがえる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順