ニューヨーク発:「ヒラリー・クリントン」はなぜ敗れたのか

青木冨貴子
執筆者:青木冨貴子 2016年11月13日
カテゴリ: 国際 政治 社会
11月9日、米大統領選での敗北を認めたヒラリー・クリントン氏(ニューヨーク)(C)AFP=時事

 11月9日朝6時、ニューヨーク。目覚めたら、トランプ勝利の悪夢が現実のものになっていた。まさか、こんな結果を誰が予想しただろう。世論調査も各メディアも僅かな差でクリントンが勝ち、米国史上初の女性大統領が誕生するものと胸を張っていた。
 しかし、政治にまったく経験のない不動産王でテレビ・コメンテーターのドナルド・トランプが米国第45代大統領に選ばれた歴史的な朝になったのである。
 これはニューヨークの岩盤が地殻変動したような事実だった。目の前のニュースに息を飲んだのは、市民ばかりでなく、民主党、共和党の政治家、メディア関係者、世論調査機関など全員である。痛みを伴うほどの衝撃とこみ上げる怒りに震えて号泣する者も出た。この先、米国はどうなるのか。まったく先の見えない不安に襲われる。
 シリアの戦争、ISISとの戦い、ロシアの暗躍、北朝鮮のミサイル攻撃、中国との軋轢はどうなるのだろう。イスラム教徒は入国禁止、移民は閉め出され、メキシコ国境に壁が造られるのか。とんでもない大紛争、核戦争や第3次大戦などが起こるかもしれない。すべて、ヒラリー・クリントンが敗れたからである。ヒラリーは何故、敗北したのか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
青木冨貴子 あおき・ふきこ ジャーナリスト。1948(昭和23)年、東京生まれ。フリージャーナリスト。84年に渡米、「ニューズウィーク日本版」ニューヨーク支局長を3年間務める。著書に『目撃 アメリカ崩壊』『ライカでグッドバイ―カメラマン沢田教一が撃たれた日』『731―石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く』『昭和天皇とワシントンを結んだ男』『GHQと戦った女 沢田美喜』など。 夫は作家のピート・ハミル氏。
comment:19
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順