幼馴染「李小林」訪日にみる「習近平」の焦り

村上政俊
執筆者:村上政俊 2017年3月17日
全人代に出席した習近平国家主席。早期の訪米実現はかなうのか (c)AFP=時事

 中国人民対外友好協会の李小林会長が2月に訪日した。彼女は李先念元国家主席の娘でいわゆる太子党の1人であり、習近平国家主席とは幼馴染という仲だ。駐中国アメリカ大使に指名されているブランスタッド・アイオワ州知事とも親交があるという。

 李は2014年10月にも訪日し、安倍晋三首相夫妻と上海歌舞団の「朱鷺」を五反田ゆうぽうとホールで鑑賞した。翌月予定だった北京APEC首脳会議にあわせての安倍訪中に向け、地ならしの意味があったとみられている。実際に11月には安倍政権発足後初めての日中首脳会談が行われた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
村上政俊 1983年7月7日、大阪市生まれ。現在、同志社大学嘱託講師、同大学南シナ海研究センター嘱託研究員、皇學館大学非常勤講師、桜美林大学客員研究員を務める。東京大学法学部政治コース卒業。2008年4月外務省入省。第三国際情報官室、在中国大使館外交官補(北京大学国際関係学院留学)、在英国大使館外交官補(ロンドン大学LSE留学)勤務で、中国情勢分析や日中韓首脳会議に携わる。12年12月~14年11月衆議院議員。中央大学大学院客員教授を経て現職。著書に『最後は孤立して自壊する中国 2017年習近平の中国 』(石平氏との共著、ワック)。
comment:14
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順