風の向こう側
風の向こう側(7)

日本初開催「米シニアツアー」勝者が残した「言葉」

舩越園子
執筆者:舩越園子 2017年9月13日
中央はトム・ワトソンで、優勝したモンティはすぐ左上(大会HPより)

 

「成田ゴルフ倶楽部」(千葉県)が舞台となった「JAL選手権」は、米シニアのチャンピオンズツアーが日本で初開催された新規大会として内外から大きな注目を集め、コリン・モンゴメリーの優勝で幕を閉じた。

 昔からのゴルフファンなら、“モンティ”のこれまでの歩みを、ある程度はご存じだと思う。若かりしころの彼は、よく顔を真っ赤にして怒っていた。だから米国のゴルフファンの間では“赤鬼”などと陰口を叩かれること、しばしばだった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
舩越園子 在米ゴルフジャーナリスト。1993年に渡米し、米ツアー選手や関係者たちと直に接しながらの取材を重ねてきた唯一の日本人ゴルフジャーナリスト。長年の取材実績と独特の表現力で、ユニークなアングルから米国ゴルフの本質を語る。ツアー選手たちからの信頼も厚く、人間模様や心情から選手像を浮かび上がらせる人物の取材、独特の表現方法に定評がある。『 がんと命とセックスと医者』(幻冬舎ルネッサンス)、『タイガー・ウッズの不可能を可能にする「5ステップ・ドリル.』(講談社)、『転身!―デパガからゴルフジャーナリストへ』(文芸社)、『ペイン!―20世紀最後のプロゴルファー』(ゴルフダイジェスト社)、『ザ・タイガーマジック』(同)、『ザ タイガー・ウッズ ウェイ』(同)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順