国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(93)

「信濃」に着目した天武天皇と海の民の「慧眼」

関裕二
執筆者:関裕二 2017年12月6日
カテゴリ: 文化・歴史 社会
エリア: 日本
長野県須坂市にある、高句麗系の積石塚古墳(筆者撮影、以下同)

 

 前回(2017年11月9日「世界記憶遺産『上野三碑』が物語る『蘇我vs.藤原』抗争」)に続き、東山道(とうさんどう)にまつわる話をしておきたい。今回の舞台は、信濃(長野県)だ。

 私事ながら、つい最近、松本市で講演をしてきた。呼んでくださったのは松本市岡田の方々で、地域の歴史資料をかき集め、冊子にまとめられ、その記念講演という形だった。

 演題は「なぜ天武天皇は松本に副都を築こうとしたのか」。ほとんど知られていないが、7世紀後半、律令制度が整えられる中、新益京(あらましのみやこ=藤原宮)とは別に、難波(なにわ=大阪市)と信濃に、副都計画が持ち上がっていた。難波は瀬戸内海の海の道を管理するためと理解できる。不思議なのは、なぜ突然信濃が注目されたのかである。その理由を考えていこう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top