羽生善治「永世七冠」決め手は「捨てる」

村上政俊
執筆者:村上政俊 2017年12月7日
エリア: 日本
12月6日、永世七冠達成から一夜明け、自身の記事が掲載された新聞をうれしそうな表情で見る羽生善治二冠 (C)時事

 

 すべてを持つ男になった。12月5日、「竜王」を奪回し、「永世七冠」を達成した羽生善治(47)だ。創設されたばかりの「叡王」を除く全7タイトル戦の永世称号を手に入れた羽生は、いわば「七全達人」(清朝最盛期を築いた乾隆帝が、10回の遠征にすべて勝利したとして自讃自称した「十全老人」に掛けて)という、将棋界の生ける伝説となった。

 しかし、永世称号を全て手中にしたという快挙の表面だけを追うと、羽生の強さの真髄を見落とす。羽生の凄味は「捨てる」ことができるところにある。絶対王者でありながら、自分が手にする冠を捨て、現状維持ではなく脱皮を続けようとするからこそ、活路を開き続けているのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
村上政俊 1983年7月7日、大阪市生まれ。現在、同志社大学嘱託講師、同大学南シナ海研究センター嘱託研究員、皇學館大学非常勤講師、桜美林大学客員研究員を務める。東京大学法学部政治コース卒業。2008年4月外務省入省。第三国際情報官室、在中国大使館外交官補(北京大学国際関係学院留学)、在英国大使館外交官補(ロンドン大学LSE留学)勤務で、中国情勢分析や日中韓首脳会議に携わる。12年12月~14年11月衆議院議員。中央大学大学院客員教授を経て現職。著書に『最後は孤立して自壊する中国 2017年習近平の中国 』(石平氏との共著、ワック)。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top