本の虫
本の虫(5)

清武英利『空あかり 山一證券〝しんがり〟百人の言葉』 評者:渡邊十絲子(詩人)

山一の倒産劇から20年 「あのとき」と「それから」

 あれからもう20年、まだ20年。バブル崩壊でさまざまな事件が起きたが、山一證券の破綻はひとつの象徴だろう。羽振りのよかった業界のなかでも、とくに働きやすいと言われていた会社だ。あとから、隠し債務の大きさや「ニギリ」(顧客に利回りを確約する不正取引)の横行が明らかになったが、社員でもそれらを知らない人が多かった。大きな会社だから、自社の状態を正確に把握している人は一握り。仕方のないことかもしれないが、なにも知らずにいきなり職を失った人の多さに、やりきれなさを感じる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
クローズアップ
専門家の部屋 一覧
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top
/*---------------------------------------------------------- カテゴリー設定 ----------------------------------------------------------*/