森友問題について

b
トピック作成者
bizenkiyomitsu
2017年03月25日21時24分
さて、2月の上旬辺りから始まった所謂「森友問題」ですが、皆様は如何お考えでしょうか?

私の意見としましては、「忖度」だの「関与」だの「働きかけ」だの「道義的責任」だのと言う、曖昧で、定義が不明確で、どこに違法性が在るのか無いのか分からない言葉しか出て来ない、しかも何の証拠も出て来ないし、証言も裏付けが取れないようなどうとでも取れる証言しか出て来ない様な問題で、国会を空転させるのは如何なものかと存じます。

問題は明快で、土地取引で安倍総理が、森友への販売価格を下げる為に財務当局に圧力を掛け、それにより見返りを得たか否かでしょう?寄付をしたかどうかというのは、していたとしても公職選挙法上何の問題もありません。

国会は主権者たる国民の意思を直接反映する機関としての最高機関です。
今行われている様な探偵ごっこ、小学校の学級会並みの議論を行う場所でしょうか?安全保障問題・経済問題等、重大な問題は山の様にあるハズです。国会運営費は年間1200億円、国会開会期間230日程度ですから、会期で考えれば1日5億円です。

もし森友問題に違法性が在るならば、野党は森友学園なりを告発すれば良いことです。検察の専門家に任せるべきでしょう。国会は捜査機関ではありません。



    n
    投稿者:naturalist2017年04月28日12時36分
    安倍首相は「私の妻は私人である」と国会で発言しましたが、その私人に何故国家公務員が付き添わなければならないのでしょうか?森友学園に譲渡された国有地問題の謎は未解決です。国会には優先事項があるでしょうが、この問題は時を逸することなく司法に委ねられるべきであるとおもいます。
    i
    投稿者:imomushi2017年04月27日20時56分
    「藪蛇」という言葉がある。すでに火の消えかかっている「森友問題」も、追求に盛り上がった一部野党と一部マスコミにとって、「藪蛇」の観を呈したようだ。そう、辻元某のこと。
    それがどの程度の「藪蛇」なのか、自分にはよく見えていなかったが、これが蛇どころか、薄気味悪い魑魅魍魎(ちみもうりょう)がウヨウヨ(*1)。メールに辻元某が出ると同時に、攻める側は異様な速度で防禦に回り、辻元隠しに転じた。その辻元問題が一部の新聞に載ると「法的措置も含めた対応を検討する」と脅した。鳥越某は文春を告訴した。立派なものだ。民進党は某新聞を告訴したのだろうか。告訴する勇気があるのだろうか?

    ---
    *1 『Will』2017.6月号 P201~209
    b
    投稿者:bizenkiyomitsu2017年04月14日01時29分
    ニホンハ ホンジツモ ヘイワ ナリ !!
    o
    投稿者:ookubohiroyuki20152017年04月14日00時44分
    いやいや国会で十分に討議してもらわなければなりません。問題は何のか。要するにずる賢しこくやった人が得をする。これが問題なのです。確かに阿倍さんは献金の件も、たた同然で売り飛ばした国有地のけんも関わってないかもしれない。しかし阿倍晋三記念小学校とか、教育勅語、ヘイトスピーチ、安保法案が通ってよかったね、更に最初は褒めていた、これらもろもろのことを考えると最初はほくそ笑んでいたのではと容易に想像されます。このような人が首相をやってることに何の違和感も抱だかない名、誠に嘆かわ敷く思います。野党がだらしないかもしれないが。なぜこのようなことになったたのか、解決策として関係部局は交渉記録は5年以上残す。議員側も毎日の行動記録を5年以上残す。早急に国会で決めよ。本当の平和は訪れない。
    i
    投稿者:imomushi2017年04月12日17時41分
    光陰矢の如し。
    金正男殺害事件は殆ど過去の「その他“事件簿”」に埋(うず)もれ、「森本事件」は未だ燻(くすぶ)っているものの火勢いは弱々しげで、「辻元問題」も躍(おど)り出てしまい、火勢を煽(あお)りたいのか、それとも「火消し」に回りたいのか、“火付け元”は、どう決着を付けようとしているのだろう。
    そうこうしているうちに、北朝鮮あたりがきな臭くなってきた。国民が目を逸らした隙に、これ幸いと幕引きを計るつもりか。
    民進党は「辻元問題」に関連し、産経新聞に対し「法的措置も含めた対応を検討する」と文書で通告したはずだが。どうなってるの?
    H
    投稿者:HIRO2017年04月03日14時48分
    、時代背景が、何処にも取り上げられていません。規制緩和が、新規参入の垣根を低くし、遊休国有地の処分もです。隣り同士の土地の処分についての、基本的な状況説明もです。片方は、補助金でほとんど賄っているのに、公園だとOKで問題無く、背伸びして学校を作りたかった方は、無理を承知で進んでしまい、自爆覚悟・道連れ覚悟の証言で、政局にしたい野党が煽っているのが、現状でしょう。教育問題とすれば、我国に対しての否定的教育をしている国の、日本での学校への長年にわたる補助金は、税金の無駄使いだなんて、野党から聞いたことが有りませんし、事実と主張を都合に合わせて張り合わせて使っているマスコミには、ネットで調べて、何処まで真実を描いているかを、推理する材料提供を、提供して貰っていると捉えれば、酒の肴には丁度いいネタでしょう。この問題のポイントは、極東アジアのキナ臭さをマヒさせる効果を狙っているとしか思えません。民主党の青臭さにも閉口です。
    i
    投稿者:imomushi2017年04月02日16時25分
    最近「フェイク・ニュース」という言葉を目にする。嘘を並べるだけでなく、「報道しない」ことによる印象操作も一種のフェイクなのでしょう。

    韓国で大統領が罷免されました。そこに至る過程で決定的な役割を果たしたのが「ろうそくデモ」。主催者発表で100万人。韓国のマスコミはこぞって大々的に報じ「名誉革命」「成熟した民主主義の象徴」などとデモを賞賛したようです。
    一方、弾劾裁判に反対の人も多くいたようで、そちらもデモを繰り広げました。このデモの参加者も多数で、規模は同じか、それより多いと見る人もいたようです。
    問題はここから: 弾劾裁判反対のデモ人数があまりに多いので、左派は警察に圧力をかけ、参加人数の発表を止めさせたそうです。
    新聞は、一方のデモを主催者(左翼)発表そのまま100万人と報じ(警察発表は30万弱)、もう一方のデモにはほとんど目を向けない。この“非対称性”。

    同じようなことが、わが日本でもお目にかかれます。
    辻元問題を報じたのは産経一社でしょうか。その産経に民進党は抗議文を突きつけ「法的措置も含めた対応を検討する」と脅しているようです。各メディアに対しても民進党役員室は《メディア各位におかれては、このような誤った内容を拡散しないよう強く求めます》と文書で牽制したようです。

    こんな姑息なことに知恵を絞るより、堂々と無実を証明すればよいものを。

    ---
    産経新聞は、どうも本当のことを書きすぎるらしい。例えば、中国共産党は記者会見の席に産経の記者が入れないようにしたことがある。韓国では産経の記者を正当な理由もなく「出国禁止」にして、裁判にまで持ち込んで脅しをかけた。日本でも民主党政権の時に、産経をシャットアウトしたことがある。
    中国共産党の望む通りの記事を書く新聞と、いやがることも臆することなく書く新聞と、どっちが価値あるか。
    b
    投稿者:bizenkiyomitsu2017年03月31日22時26分
    クイズ王小西は以下の様に述べています。
    もうこの連中は何が「目的」で、何が「手段」なのか、全く理解できません。

    なぜ閣僚の辞任が目的になるのか???民進党の存在意義・本件を追求する目的ってこのレベルなのですね・・・・・

    なぜ政権の支持率が高いままなのか???お前さんのツイートを見て支持したいと思う馬鹿な国民がどれくらいいると思う????


    >参院予算審議が終了。森友学園の追及で安倍総理はおろか閣僚一人も辞任に追い込めなかった。政権の支持率も非常に高い状況にある。予算委が終わると追及の場所が限られてしまうが、何とか打開したい。

    https://twitter.com/konishihiroyuki/status/846311174249443328
    i
    投稿者:imomushi2017年03月31日09時51分
    民進党は、辻元問題を「容易に事実でない事が判明するものである」と言っているようですから、「事実でない事」を証明してくれる事を、今か今か、と待っているのですが、なかなか出て来ないようです。自分の見落としで、どこかに出ているのだろうか? 「生コン業界から政治献金」など一切受け取っていないとするなら、その証明は、それほど難しくないと思うのだが、どんなもんでしょう。
    o
    投稿者:ookubohiroyuki20152017年03月31日07時02分
    皆さんうまくやってる人が得をする。この点が問題になっているのです。素直に謝ればいいのです。
    i
    投稿者:imomushi2017年03月28日21時16分
    見てきました。ネットの世界はとても広く、自分の行動範囲は狭いので、初めて見ました。
    辻元の「疑惑」は産経も報じたようです。その「疑惑」を民進党は同意する筈もなく、否定するでしょうが、どのように「証明」するのか、今後の展開を注目したいと思います。
    たとえば、辻元はその日時に「国会にいた」ということが証明されれば、「疑惑」の一部は事実でないことが証明された、ということになると思いますが。

    ・・・過去にこんな例があったのを思い出す。朝日新聞は、NHKの『慰安婦』番組で中川昭一らが政治的圧力を掛けたと報道した。
    しかし、中川昭一がNHKの幹部と会ったのは放送前ではなく、放送の3日後であることが確認されている。放送後に会った人が、放送前の番組にどうやって「改変の圧力」を掛けることが出来るのだろう? 空想科学小説のようにタイムマシーンでも使ったのか。朝日の頭のなかはどうなっているのだろう。余談でした。
    b
    投稿者:bizenkiyomitsu2017年03月28日12時27分
    imomushi 様

    ご参考までに。こんなグダグダな状況です。
    この状況で「疑惑の追及」とかが出来る民進党の図太さには恐れ入ります・・・・

    http://s.webry.info/sp/kotobukibune.at.webry.info/201703/article_28.html
    i
    投稿者:imomushi2017年03月28日09時08分
    >マスメディアの民進党の意向を「忖度」した「辻元隠し」や、ゴミ処分について証言した作業員の不審死(しかも証言の翌日)のスルー、近隣での土地取引の事例隠し(辻元が国土交通副大臣の時の大安売りの件とか)など、偏った報道も問題を大きくしているのでは?

    おやおや、こんなことが、国会で延々と続く大論戦の裏で、同時進行していたとは知りませんでした。辻元某は元国土交通副大臣でしたっけ。あれが「大臣」とは笑えます。岡崎トミ子その他と言い、首相も含め、民主党は(不適格)人材豊富でしたね。

    どんな事にも少しは長所があるものです。このドタバタ劇で、それを挙げれば、「(一部)マスメディアの報道には、こんな裏があるのか」という事実を、国民の目に、はっきりと見せてくれた事でしょう。

    辻元某と言えば、かつて国会で鈴木宗男氏に向かって「疑惑の総合商社や!」と指弾したオバサン。この度(たび)は自ら、「疑惑の総合商社でっせ!」と幟(のぼり)をたてたような恰好。もし、その「疑惑」を払拭したいのなら、その「疑惑とやら」は「無いこと」を証明すればよい。疑惑を「否定」するだけでは証明になりません。あーるもん、なーいもん。の水掛け論になるだけ。
    z
    投稿者:zarugo132017年03月28日00時53分
    その道義的責任という物には確たる定義はありません。それは選挙において包括的に有権者が判断するというのが日本の政治システムです。

    選挙での判断は、与党と野党を相対的に有権者が選択する事になります。安倍総理の言動だけでなく野党議員のそれを比較して評価することになるのです。
    b
    投稿者:bizenkiyomitsu2017年03月27日21時39分
    連投失礼します。

    で、道義的責任を果たすべきと言う御議論ですが、この言葉を聞くたびに「定義は?」「責任の取り方は?」と言う疑問を感じます。今回のケースではどの様な「道義的責任の取り方」が適切なのでしょうか?どなたかご教示下さい。

    確かに政治家として「李下に冠を正すべからず」であるべきでしょうが、政治家サイドに悪意は無くとも、将に今回の様に名前を使われるケースもあるでしょう。また、知り合いの議員秘書(或いは議員)の方に役所の官僚の方を紹介頂いてご相談・ご指導をお願いするケースも良く聞きます。政治家との付き合いというのは何処からがグレーなのか、極めてあいまいな部分が多いというのも事実ではないでしょうか?中には今回のケースの様に「当たり屋」的な輩もいますし。

    さらに、与党(特に自民党)に対しては”道義的責任”(あと任命責任とか)というものが厳しくいわれますが、野党(特に旧民主党)の道義的責任の取り方というのは、法的な問題が問われるべき事柄でも「大甘」なケースが多いのでは?(外国人献金問題、寄付問題、二重国籍問題、首相の子ども手当、故人献金、土地売却問題、極左暴力集団との関係、等々)
    b
    投稿者:bizenkiyomitsu2017年03月27日21時34分
    nekosuki 様に全く同意です。

    先ずは問題を整理する事。次に誰がどう責任を取るか、と言うのが議論の筋でしょう。そしてそれを国会で行うべきか否かと言う問題では。現在の様に兎に角、「森友学園」との接触が合法なものまで、全て次々と「疑惑化」される現状は不健全極まり在りません。どうもゴールポストが動き回ったり、増えたりしている様な気がしてなりません。(寄付をしていたとしても、何が問題なのかさっぱり理解できません)

    前にも書きましたが、確かに国会に捜査・調査の権限はありますが、捜査機関ではありません。また、今回の件はメディアを巻き込んだ、与野党の足の引っ張りあい、泥仕合、印象捜査合戦となっている様に感じられます。

    マスメディアの民進党の意向を「忖度」した「辻元隠し」や、ゴミ処分について証言した作業員の不審死(しかも証言の翌日)のスルー、近隣での土地取引の事例隠し(辻元が国土交通副大臣の時の大安売りの件とか)など、偏った報道も問題を大きくしているのでは?

    現在の状況が望ましい国会の在り方とはとても思えませんし、これ以上の国会の空転を見過ごすことも出来ないでしょう。であれば検察なり、第3者機関を作るなりして、そちらに問題の整理を任せ、法的問題があれば司法の判断を仰ぐと言うのが建設的な解決の様に思えます。

    n
    投稿者:nekosuki2017年03月27日15時55分
    以心伝心になじんできた私たち日本人にとっては、忖度は相性のいい意思伝達方法である(あった?)ように思います。言葉の曖昧さを補う意味もあって忖度は日本人同士の意思疎通に良い意味でも悪い意味でも一つの役割を果たしてきたと言えるでしょう。しかし、忖度が正しく機能するためには当人同士が”気心”で結ばれた親密な関係にあることが前提で、そうでなければ思い込みや誤解を生む温床ともなりえます。

    行政機関には、それぞれの所管事務によって「裁量権」という判断の幅が与えられており、権限の範囲内でどのような意思決定を行うかは、それぞれの行政機関に委ねられていると言えます。個別具体の案件について、いちいち上に伺いを立てなくても仕事を進めることができるようになっているはずです。勿論、上の考え方を確め、指導を仰ぐということはあるでしょう。しかし、意思決定者は当該行政機関ということになります。これが制度上の建前です。この建前にそって事実関係を確認し、積み上げていくことが必要です。

    国有地の払い下げ(売買)の意思決定が、裁量権の範囲内で所定の手続きを経てなされたものであるなら問題はないと言えるでしょう。

    森友学園の問題については、そうした一つ一つを積み上げて何が問題なのか、何が違法または不当なのかについて問題点を整理するのがスタートラインであるように思います。

    大物政治家の関わりが疑われても、周辺の事実を積み上げなければトップには辿りつけません。これは捜査、調査の常道のようにも思われます。その意味で、ファックス1枚を取り上げて、忖度があったかどうかを論じるのは乱暴と言えるでしょう。政治家と行政の関係、行政決定における違法、不当の問題に迫るためにはそうした事実関係の積み上げが必要なのです。
    r
    投稿者:ryoichiro19702017年03月27日12時45分
     国会で議論すべき内容では無いことには同意です。しかし、法に触れていないから、という理由でここまで炎上した話をまとめることもできないでしょう。
     おそらく、総理大臣が「関与していたら辞任する」という発言をしたことと、「懲罰として証人喚問する」という発言が問題を大きくしたのだと見ています。いずれも本心なんでしょうが、後知恵では不用意な発言としか評価できません。また、総理大臣の配偶者は公人ではないというのも理屈はあってますが、「じゃあ、何の影響力もないのか」という疑問を大きくしただけに見えます。

     総理大臣や国会議員の以降を忖度しない役人はいないはずで、それを利用する者も存在します。利権誘導ではないイメージを毀損されては自民党にとって大損害だと思ったのかもしれません。権力は批判されるものだと発言には慎重になって欲しいものです。

     トピックに対する感想ですが、政治家たるもの道義的責任を負わないといけないわけで、法的責任がないから問題ないというのは、ちょっと甘い感じを受けます、
    i
    投稿者:imomushi2017年03月27日10時28分
    たしかにIT技術者の立場からすれば、zarugo13さんのおっしゃるとおり「循環参照」に嵌り込むようなプログラムは、プロとして忌避するでしょう。それでも、あらゆる場合を想定したはずが、わずかな見逃しで無限ループに落ち込む可能性もあり、そうなった場合の回避策も、予め講ずるのではないでしょうか。

    一方、政治の「技術者」のはずが、その技術が未熟な場合、「循環参照」などまったく気にせず、有利と見るや、とにかく飛び込んで行き、刹那的に有権者に向かってアピールします。時に、熱中のあまり“ブーメラン”も飛ばしてしまうようです。

    他方、一部ジャーナリストの「技術者」の中には、超絶技術者もおり、「循環参照」を巧妙(意図的)に使い分けるようです。ここに引きずり込まれると大変で、あり地獄に落ちたような塩梅になりかねません。

    有権者としては、表面で行われている現象を見ると同時に、背後に潜む意図を見極める事が大事と思います。

    i
    投稿者:imomushi2017年03月26日21時26分
    トピック作成者の見解は、おそらく多くの日本人が同様に感じていることを代弁した形になっているように感じます。ここで提起された論点の整理法、および提言に関し、異議がある方は、堂々と反論すべきでしょう。その反論が論旨明快で、筋が通っているなら、その説に宗旨替えすることもやぶさかでないでしょう。反論を期待してトピックを立てたという面もあるのではないかと想像します。

    印象操作に明け暮れするのではなく、国会に相応しい論議を尽くすことが、支持率向上の王道です。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top