日本の医療費は健全な状態か.

Z
トピック作成者
ZC
2017年10月11日23時22分
 医療費の膨張が甚だしい.昭和50年の8倍である.そんなに物価が上がったようには思わない.16年度は少し減ったからといっても依然として全体量として高額である.何故なのか?最近,医者の様子を見ていて違和感を覚えた.
 それは医者の治療にも所謂「対処療法」的な医療があることである.対処療法が適用される事柄の場合には,往々にして患者と医者が合意すれば本質的に必要なくとも薬で手当てをしてもらえる.
 治療の方針や目的地と手段をはっきり説明する医者さんは意外に少ない.患者をどんな状態に持っていってくれるのか?症状をただ緩和したり,患者の気持ちを落ち着かせたりすることが目的なら,本人負担が多くてもよいのではないか.医者さんに治療の目的(目的地)と手段を書いてもらって(カルテにも),その有様に応じて本人負担割合が変わるなどというシステムにしたらどうだろうか.
 老人が入院した際にも,歩けなくなってしまうようでは家庭復帰が難しい.リハビリをやらずに歩けなくして,一方で患者を大人しくさせる薬を処方し,退院もあの手この手で渋るような医療機関があるなら,相当なブラックジョークである.
 医食同源という言葉があるが,医者さんの奉仕活動で食の合宿を実施してもらって,修了者は5年間の保険料の本人負担割合が少し軽くなる.なんていう活動を大々的にやったら,医者にそもそもかかる人が減るとかいうことはないだろうか.合宿の費用はかかるが,保険料から出してみる.そうするとあら不思議,保険料総額は劇的に減ってしまったなんてことが起きないだろうか.奉仕活動をやった医者さんには実績に応じてお給料に少しづつ上乗せがあって,治療はほんの少しだけど,食の合宿やリハビリをどっぷり実践しているなんていう清貧なお医者がいても良いのではないだろうかと夢想した.えっ?そんな時代じゃないですか.

    Z
    投稿者:ZC2017年10月14日15時18分
    Sullaさん,hamadaさんのお話でだいぶ理解がすすみました.ありがとうございます.私自身病院の世話になる機会が人生で今まで殆どなかったこともあり,???の連続でした.

    0)医食同源プランで本来の病気を減らす.
    1)老化・寿命と病気は違うので,老人医療については何らかの打開策が必要.費用の算段をする場合には,寿命1年の延伸にかけられる妥当な費用も考える.
    2)希少患者や先鋭化した高額医療については,医療保険などの切符を購入したひとだけが,サポートを受けられるなどの措置が妥当な場合もある.みんなで負担するものではない.

    いずれにしても昔からある「永遠の命を求める欲望」に健康保険システムをあまり晒しすぎない工夫が求められる.健康保険システムの目的と医療の目的はそもそも異なるかもしれない.その工夫が具体的に何なのかが問題ですね.

    目的が健全な社会生活・家庭生活への復帰なのか,寿命の延伸なのか判断ができない場合もある.個人的には老化寿命の延伸を医療の第一目的としてしまうことには違和感がありますね.とは言ってもそれをキッパリ捨ててしまうとこれもまた問題ですね.

    喫煙有害論は,人間を開放系で免疫システムを備えた生命体として見た場合には,少し疑問もありますが,なんでも度が過ぎたらいけないということでしょうか.

    議論のスタートはお金の問題でしたが,お金は従属の話として,人間の人生・生命観と医療の目的,健康保険システムの目的に関する議論から,何か問題解決の手段が導けそうでしょうか.
    S
    投稿者:Sulla2017年10月14日10時20分
    Hamadaさんのコメントはある程度本質をついています
    が、ご自身が病気になったときにそれを是とする覚悟が広くみんなに共有されねばならないでしょう
    皆さん、将来の世代のために痛みを伴う自己負担増加を受け入れられるか?
    それは選挙結果が示しているとおり。

    病院は、「病気」を見るところであり、更には本質的には、社会復帰して再度働いていただくための場所です。身も蓋もないですが。そのために、医師・看護師が手厚く配置されており自己負担も低いです。
    高齢者の半ば寿命となりつつある方にこのフォーマットは応用困難です。

    オプジーボも槍玉に挙げられています(たしかに高すぎるとは思います)が、一部の患者さんに劇的に効くのは確かであり、頭が痛いところです。
    寿命の平均延伸一年あたり幾ら、という議論になってくるとは思います。
    が、希少疾患の患者さんたちにはこの議論の応用は困難であることと、医薬品・医療器具を締め付けすぎると日本というマーケットに魅力がなくなるのも頭が痛いところです(包装やエンブレムの変更だけで莫大に費用を要する過剰な当局の規制を緩める必要はあると思います)
    h
    投稿者:hamada2017年10月13日16時48分
    病院は長期入院になると点数減るので退院を迫ります。しかし、家族は家で見るのも大変、施設に入れたほうが入院より高くつく、病院なら世間体も通りやすい(施設だと見放した感じ?病院なら病気だからしょうがないね、と)。病院は介護に手がかかる老人が増えると治療よりおむつ代え、ふろに入れたり車いすに移したりと点数にならない負担が増える。入院費を高くすれば多分減りますよ。施設より費用が高くなれば家族も動くでしょう。高齢者も一律3割にするといい。弱者には手当を。
    医療が進めばそれをすべて保険で負担するべきなのか?オプシーボなんて効く可能性も低いのに一人あたり何千万円も保険から給付することになった。破綻するのは自明。混合診療を認めて高度医療にはある程度、相当の自己負担を求めていかねばならないのではないだろうか。歯科なんて8万円の義歯さえも個人負担になっている。
    個人的には診療や入院などのサービスには保険を手厚くし、検査や薬には薄くしたらどうかと思っています。そうすれば無駄な検査はしない、安い薬を選ぶ傾向がつくでしょう。1000円の薬が10円の薬の100倍の効果があるかといえばそういうわけでもない。同じ程度の医療サービスをかなり安価で提供できると思う。
    S
    投稿者:Sulla2017年10月13日15時25分
    ZC氏の書き込みに業界人としてコメントさせていただく

    ・第一義的には医療費の高騰は高齢者の増加と医療の先鋭化によるものである
     ・高齢化とともに有病率が進むのは自明のことである
      ・尤もこの人口の高齢化は何十年も前から見えていたことでありそこから目を背けていたのは政府も国民も同様
     ・治療の目的は通常、第一には寿命の延伸・第二には症状の緩和である
      ・貴兄は症状緩和は負担率が高くてもいいという立場であるが、腰が痛い人への湿布や胸やけの胃薬なら同感である
       ・いっそ保険適応から外しても良いかもしれない
      ・問題は、症状緩和と寿命の延伸が分かち難い場合である。変形性関節症の膝痛に対する手術などそうかもしれない
     ・究極には、何歳まで保険で面倒を見るか?、寿命1年延伸に幾らまで払えるか?、という見も蓋もない話になりかねない

    ・医食同源のプランは面白いが、そもそも食の活動に対し合宿などせずとも過食を日々防ぎ運動すれば良いこと
     ・アタリマエのことを実践し続けるのが実は一番難しい
     ・そもそも、万病の元である喫煙をこの国はあまり本気で規制しているとは思えない(欧米に比して)

    ・老人が入院した際に・・・・・ブラックジョークである
     ・これもナンセンスである。現実には、長期入院は病院の収益悪化につながる(長く入院しているほど日銭が下がる)ので通常は程々に退院し回転してもらう必要がある。ただ、認知症などの患者さんの場合「寝たきり」と「徘徊」どちらを選択するか?なんていう笑えない事態はよくある。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top