アフリカの“アフガニスタン”

平野克己
執筆者:平野克己 2012年6月14日
カテゴリ: 国際 政治 文化・歴史
エリア: アフリカ

 4月6日、マリ北部が「アザワド国」として独立を宣言した。フランスのファビアス外相はこれを「アフリカのアフガニスタン」と形容している。

 独立を宣言したのはアザワド解放国民運動(MNLA)と呼ばれる、昨年結成されたばかりの武装組織だ。アザワドとは、マリ北部からニジェール北西部、アルジェリア南部に広がるサハラ砂漠の盆地を指し、かつての大交易都市トンブクトゥを含んでいる。現在トンブクトゥはMNLAの支配下だ。

 MNLAはトゥアレグ族の組織である。トゥアレグはもともとサハラ砂漠の交易遊牧民で、人口百万人ほどのムスリムの民だ。その居住地はマリ、ニジェール、アルジェリア、リビア、ブルキナファソに跨っている。インディゴで染めた青い伝統衣装から「青い民」とか、ラクダに騎乗した勇猛果敢な戦闘能力から「砂漠の支配者」とか呼ばれてきた。

 トゥアレグはこれまでも何度か、マリやニジェールで独立を求めて反乱を起こし、その度に鎮圧されてきた。1970年代80年代の大旱魃で極度な貧困に追い込まれたが、カダフィに拾われて多くがリビア軍入りし、重用されたらしい。リビア政変後マリに帰国したトゥアレグ兵士がMNLAを創設したのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順