歴史の陰影にじむサッカー欧州選手権

佐藤伸行
執筆者:佐藤伸行 2012年6月18日
エリア: ヨーロッパ

 近いものを遠くに見せ、遠くのものを近くに映し出すのが記憶であり、また人の心であるとすれば、サッカー欧州選手権(ユーロ2012)のグループステージA組、ロシア・ポーランド戦(6月12日)を契機に起きた両国サポーターの大規模衝突は、過去の憎悪の歴史をまざまざと間近に見せる事件だった。

 フーリガン同士の喧嘩の常として、どちらが悪いのかを吟味しても意味はないが、ロシアのサポーターがロシア国旗を掲げてワルシャワ市内を行進したことが、ポーランド側には許せない挑発と感じられたようだ。ポーランド警備当局は放水銃や催涙弾も使って鎮圧し、双方合わせて約180人を拘束する騒ぎになった。

 事後、ロシアのプーチン大統領報道官は「海外からやってくる観客を守るのは開催国の責任だ」とポーランド政府を批判し、これもまたポーランド人の心証を害した。こうした混乱が祟ったのか、強豪ロシアはまさかのグループステージ敗退、開催国として必死の強化に取り組んできたポーランドも、1勝もできずに姿を消した(なお、A組からはチェコが首位、あのギリシャが2位で決勝トーナメントに進出する)。

ナチスの暴虐を傍観したロシア

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐藤伸行
佐藤伸行 追手門学院大学経済学部教授。1960年山形県生れ。85年早稲田大学卒業後、時事通信社入社。90年代はハンブルク支局、ベルリン支局でドイツ統一プロセスとその後のドイツ情勢をカバー。98年から2003年までウィーン支局で旧ユーゴスラビア民族紛争など東欧問題を取材した。06年から09年までワシントン支局勤務を経て編集委員を務め退職。15年より現職。著書に『世界最強の女帝 メルケルの謎』(文春新書)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順