クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

鉄の意志の女

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2013年5月8日
エリア: ヨーロッパ

 元英首相マーガレット・サッチャーの葬儀は、ロンドン中心部のセントポール大聖堂で執行された。内外の要人2300人が参列し、エリザベス女王も出席した。

 女王が元宰相の葬儀に出た先例はロイド=ジョージ(1945年)とチャーチル(1965年)の2度だけである。前者は第1次世界大戦で、後者は第2次世界大戦で、いずれも英国の国運を担って戦った(そして勝った)功労者である。2人に比べると、サッチャーが1982年にアルゼンチンと戦って守りきったフォークランド諸島という戦場はいかにも小さい。

 

 しかしサッチャーが勝ったのは南大西洋の小島を賭けた戦争だけではなかった。はるかに大きい「東側」を相手にした、世界を二分する東西冷戦という戦争があった。

 互いに人類を何度も全滅させ得るほどの核兵器を持ち、中欧平原に戦車隊を展開し、今にも戦闘開始しようかと身構えていたソ連を屈服させ、東西冷戦を勝利のうちに収めた。それはサッチャーの殊勲以外の何物でもない。

 そのうえ首相としてのサッチャーの在位期間は長かった。1979年(ソ連がアフガニスタンに侵攻した年)に就任してから11年、異例の長期政権だった。

 彼女が辞任したとき、英国の幼い子どもたちは戸惑ったという。新聞が日ごと紙面にPremier Thatcher(サッチャー首相)と書きテレビのニュースもそう言うのを聞いて育ったから、Premierはアンやシャーリーと同じように女性のファーストネームだと思い込んでいたからだという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順