クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

消えたタテカン

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2015年10月14日
エリア: 日本

 よく知る月刊誌編集者が、早稲田の先生への原稿依頼だろうか、久しぶりに早稲田大学へ行ってきたと言う。私はすかさず問うた。
「タテカンやなんかで凄かったでしょう。時が時ですからね」
 ところが、彼の返事は私の意表を衝いた。
「それが、なかった。キャンパスを見回しても、ほとんどタテカンがない。アジ演説してるヤツもいない。キレイなもんでした。今回の安保法制反対運動に、学生たちは欠席しました。なぜでしょう。不思議ですね」
 あの立て看板が、早稲田の構内になくてどこにあるのか。信じられないことだった。

「1960年の安保反対」が樺美智子さんの死を合図のようにして終わり、私はその1カ月後に横浜から海路アメリカの大学院へ、留学に旅立った。
 幕府の条約批准書を携えた77人のサムライが、チョンマゲに二本差しの姿で横浜を船出した万延元年から数えて100年。私の米国留学は、なお日本男子畢生の事業だった。
 私の行先はシラキューズ大学といって、ニューヨーク州中部の湖水地帯にある大学町。そこの大学院だった。
 学期が始まって間もなく、コルゲート大学とのフットボール定期戦があった。年来の好敵手で、その年はシラキューズ側が迎え撃つ番だという。
試合の前日、我が校キャンパス中央芝生の向こう側に、100メートルはあるデカい横長の看板が立った。
「コルゲート歯磨きを使った10人のうち9人はムシ歯になった!」
 コルゲートは、全米で最も知られたチューブ入り歯磨きである。それに引っ掛けて試合相手の弱さを野次っている。だが、あーあ、ここにもタテカンがお出ましなのか。私は思わず苦笑した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:18
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順