「中国はアフリカで嫌われているのでしょう?」

平野克己
執筆者:平野克己 2013年6月24日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
 TICAD5でも安倍首相の積極外交が目立った (C)時事
TICAD5でも安倍首相の積極外交が目立った (C)時事

 長年のアフリカ研究生活でえた実感だが、「アフリカ」とあればとりあえず目を通してくれるコアの読者は日本全体でおそらく1000人に満たなかった。それが、ここ5~6年でかなり増えた。その最大の要因は中国だろう。中国のアフリカ参入の凄まじさが、日本におけるアフリカに対する関心を拡大したのである。今回のアフリカ開発会議(TICAD5)前後でマスメディアはじめ多くの方々から質問を頂戴したが、そのなかでもっとも多かった質問のひとつが「中国はアフリカで嫌われているのでしょう?」というものだった。

 この質問をされるたびに「どうしてそう思うのですか」「どこでそういう意見を見たのですか」と聞き返したが、明確に答えられた人は皆無だった。どうも、これといった情報や出典を欠いた“風評”のようだ。「アフリカにおける中国の評判はどうですか」というニュートラルな質問でなかったのは、中国への対抗策としてTICAD5を捉えたい、報道したいという思惑があったからだろう。また、「中国が嫌われていてほしい」という願望が日本のなかに存在することを痛感させられた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:8
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順