国際論壇レビュー
 中露の接近、とりわけ中国の台頭に要注意 (C)AFP=時事
中露の接近、とりわけ中国の台頭に要注意 (C)AFP=時事

「米イラン関係は転機を迎えるときに来ている」――

 9月の当コラムでそう予測したら、執筆時から半月足らずで事態は大きく動き出した。穏健派のロウハニ師が大統領に選ばれたのを機に、オバマ米政権は断交33年のイランとの対話路線に大きくカジを切った。制裁の影響で経済危機に陥っている窮状から抜け出したいイラン側と、思惑が一致した。

 オバマ・ロウハニ両大統領は国交断絶(1980年)以来、はじめて電話会談し(9月27日)、非公式ながら両国外相会談も行なわれた。10月半ばのイランと米欧など6カ国による核開発をめぐる協議では、イランが詳細な提案を行ない、共同声明が発表されてイラン提案は「重要な貢献」と評価された。いずれも歴史的な動きだ。

 今月6日付の米紙『ワシントン・ポスト』で、同紙コラムニスト、デビッド・イグナティウスは米外交の大転換になりうると指摘した。米中の国交正常化(70年代)、冷戦の終結(80年代末から90年代初め)に匹敵するとの声もあると紹介し、「茶碗を口に持っていくわずかな間には、いくらでもしくじりがある」という西洋の古いことわざを引いて、慎重にことを運ぶように訴えた。【The unthinkable is now in motion, The Washington Post, Oct.6

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順