国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(50)

「中国との相容れなさ」を見通した「古代人の直感」

関裕二
執筆者:関裕二 2014年5月12日
カテゴリ: 文化・歴史
エリア: 日本

 中国は長い間、自分たちが世界で1番優れているという中華思想(華夷思想)に浸り、冊封体制(近隣国との君臣関係)を敷いてきた。現代に至っても、国名にはっきりと「中華」の2文字が刻まれている。

 漢民族は隣接する他民族を野蛮人とみなすようになり、秦や漢の時代に優越感が結晶し、中華思想が出来したのである。

 

冊封を受けない道

 ただし、天子(皇帝)の徳を慕って来朝し、帰伏した者に対しては、寛大な待遇を示した。天子は冊書(文書)を与え、叙任し、君臣関係を結び、それぞれの地域の支配者であることを認めた。これが、冊封体制であった。

 朝鮮半島だけではなく、古代日本も、中国の冊封体制に組み込まれていた。『後漢書』には、建武中元2年(57)、倭の奴国が使者を遣わし、貢物をささげて挨拶に来たこと、光武帝は倭の奴国王に印綬(印と紐)を授けたと記録される。さらに3世紀、邪馬台国の卑弥呼は、魏に朝貢し、「親魏倭王」に封じられた。

 5世紀になると、倭国王は南朝の宋(420-479)に朝貢し、爵位を求めた。彼らが、いわゆる倭の五王だ。宋は北側の北魏を敵視していたから、包囲網を形成しようと考え、高句麗や百済など朝鮮半島の国々を重視した。けれども、海の向こうの倭国には、高い関心を示さなかったようだ。倭国王が期待していた高い位の称号は、なかなか得られなかった。倭の五王最後の武王は5世紀後半の雄略天皇と考えられている。武王は高句麗の王と同等の称号を要求したが、夢はかなわなかった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順