国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(54)

蘇我稲目と「2人の高句麗妻」

関裕二
執筆者:関裕二 2014年9月10日
エリア: 朝鮮半島
 公開された都塚古墳
公開された都塚古墳

 階段ピラミッドのような奇妙な古墳が出現した。奈良県高市郡明日香村の都塚(みやこづか)古墳だ。

 蘇我馬子(そがのうまこ)の墓と思われる石舞台古墳の東南400メートルの高台にある。6世紀後半の築造で、一辺40メートルを超える大形方墳ということもはっきりした。発掘調査をした明日香村教育委員会と関西大考古学研究室が、先月発表した。

 墓の主は蘇我馬子の父・蘇我稲目(いなめ)であろう。根拠はいくつかある。まず、築造の年代があっている。さらに、この一帯が蘇我氏とゆかりの深い土地であること。そして、階段状の墳墓は高句麗の様式と思われるが、蘇我稲目のふたりの妻は、高句麗から渡来したことなどからだ。

 

危機と発展

 蘇我氏繁栄の基礎を築いたのは、蘇我稲目だ。欽明天皇に娘ふたりを結びつけ、外戚の地位を確立し、華々しい閨閥を形成していった。ところが、『日本書紀』の蘇我稲目をめぐる記事は事務的で淡々としていて、華々しい活躍が見当たらない。

 宣化元年(536)に大臣に任ぜられ、欽明13年(552)仏教公伝に際し、ひとり仏像を祀ることを許された。ところが排仏派に迫害され、寺と仏像を棄て焼かれた。その後、屯倉(王家の直轄領)の設置に邁進し、同23年、高句麗の女性ふたりを妻とし、同31年に薨(こう)じた……。蘇我馬子、蝦夷(えみし)、入鹿(いるか)と比べれば、情報量が圧倒的に少ない。これは、意図的な隠蔽ではあるまいか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)など著書多数。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順