国際論壇レビュー

 日米欧を尻目に経済成長を続ける中国は、その勢いを駆って英米主導でつくられた国際システムをつくりかえようとしているのか――。中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の創設メンバー国が4月15日に確定し、57カ国に及んだ。先進7カ国(G7)のうち4カ国、先進国グループ経済協力開発機構(OECD)34カ国からは過半数21カ国が加わっている。 締め切り間際に参加国が一挙に増えた。バンドワゴン効果だ。創設メンバーでは日米の不在が際立つ。

 57カ国は、先発の日米主導のアジア開発銀行(ADB)の参加67カ国・地域に迫る数だ。AIIB参加国は今後も増えるだろうから、並び立ち、超えていくかもしれない。いったい何が起きているのか。中国の狙いは何か。

 

にわかに焦点となる「中央アジア」

 年末発足を目指すAIIBの暫定事務局ホームページ【aiibank.org】をのぞくと、「エネルギー、電力、運輸、通信、農村基盤……アジアにおけるインフラ並びに生産セクターの開発」に焦点を当てると記されている。「しかし、AIIBのビジョンと使命は、こうした散文的叙述を越えたところにある」。それはひと足先に発足したシルクロード基金とあいまって「アジアとヨーロッパを中央アジア経由で結び付ける」という大事業をなしとげることだ、と4月17日付のシンガポール紙『ビジネス・タイムズ』社説は論じる。【AIIB is about unlocking wealth via a new Asia-Europe link, The Business Times, Apr.17

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順