【火】原発再稼動、中東通信、ヤラセ弁護士

執筆者:フォーサイト編集部 2015年7月21日

先週17日深夜から本日にかけて、「池内恵の中東通信」では「エジプトの『イスラーム国シナイ州』が巡視艇にミサイルを命中させる」(2015年7月17日23:36)をはじめ、すでに13本の記事がアップロードされています。池内さんが生の情報をリアルタイムにツイート感覚で更新しているこのコーナー、常にチェックしておくことをお勧めします。

 

また、19日にはトピック情報として「フォーサイトが暴いた『ヤラセ弁護士』に懲戒処分」(フォーサイト副編集長・内木場重人)をアップロードしました。2年前、フォーサイトの指摘によって露見した弁護士の「詐欺的行為」。ようやく懲戒処分が下されましたが、弁護士会の調査にあまりにも時間がかかりすぎです。

 

そして本日の更新記事は、塩谷喜雄さんの「原発再稼働と司法(下)『ゼロリスク批判』を嗤う福井地裁決定の『明晰な常識』」です。筆者体調不良のため少々間があきましたが、鹿児島、福井両地裁で判断が分かれた原発再稼動問題の後編。原子力ムラによる稚拙な「騙し」はすでに司法の場で論破されていました。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順