福島原発事故「4年半」の現実(下)「除染ゴールド・ラッシュ」の果てに

 人影もまばらな夜の街に、派手な極彩色の看板がきらめく。

 福島・南相馬市の中心部、原町の繁華街。看板の店名には「韓国パブ〇〇」とある。

 地元商店に聞くと、この1年間で次々と6軒が開店したそうだ。

「実態は“風俗”だろうと我々は見ているんですがね」

 風紀が心配ではないのか、と聞くと、「まあ、気になるから、家族や女性従業員にはあまり出歩かないように注意しているけど、普通の飲食店は助かっている面もあるんですよ」と言う。「あの種の店がないときには、荒っぽい連中が小料理屋や焼き鳥屋に押しかけてきて、深夜まで大声で騒いでいたんです。入れ墨のもいたし、そのせいで地元のなじみ客がこわがって来なくなり大変でしたから」

 騒ぎの主はほとんどが、県外から来ている除染作業員だ。東京電力福島第1原子力発電所事故で飛散した放射性物質の除染事業のためだけに福島に来た出稼ぎ労働者。家族がいるわけではないので、夜は飲むしかない人が大半だ。

 なるほど、店には「一見さんお断り」の紙を貼りだしているところもある。今では客層の棲み分けが定着し、店先でのトラブルはなくなったというが、こういう「よそ者」の新住民は南相馬だけで1万人を超えるともいわれる。こうして、福島の海岸沿い、いわゆる浜通りの農村地帯に最盛期7万人がおっとり暮らしていた南相馬は、異文化と共存する町になった。

執筆者プロフィール
吉野源太郎 ジャーナリスト、日本経済研究センター客員研究員。1943年生れ。東京大学文学部卒。67年日本経済新聞社入社。日経ビジネス副編集長、日経流通新聞編集長、編集局次長などを経て95年より論説委員。2006年3月より現職。デフレ経済の到来や道路公団改革の不充分さなどを的確に予言・指摘してきた。『西武事件』(日本経済新聞社)など著書多数。
comment:5
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順