【火】パリの「東半分」、マラリアと日本

執筆者:フォーサイト編集部 2015年11月17日

「専門家の部屋」に、2本の新エントリ。
「なぜ事件は『東半分』で起きたか?『パリ同時テロ』の現場を歩く」(ヨーロッパ、国末憲人さん):パリ同時テロの現場を歩いてみると、観光客はほとんど足を踏
み入れないような「東半分の地域」。「シャルリーエブド」事件をなぞったような……。容疑者たちにも馴染みの深い地域だったのかもしれません。
「『感染症研究』で考える『内需依存型経済』から脱する道」(アフリカ、白戸圭一さん):マラリア対策で世界をリードする阪大グループ。当初は「日本社会への直接的脅威でない」マラリア研究は理解されませんでしたが、そこにこそ閉塞状況打開のカギがあります。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順