【火】フォーサイト「脅迫犯」逮捕、専門家3本

執筆者:フォーサイト編集部 2015年11月24日

先週末からこの連休中、「専門家の部屋」の「ヨーロッパ」「ロシア」「朝鮮半島」にそれぞれ以下の通り最新情報をアップロードしました。

「ヨーロッパ」=「ドネツク人民共和国往還記(下)『軍服も自前』のウクライナ兵士」(国末憲人さん):道中で出会ったウクライナ政府軍の若い兵士の話からは、政府軍とは言え前線兵士の困窮ぶりが窺えます。「戦いたくはないんだ」という言葉が印象に残ります。

 

「ロシア」=「パリ同時テロ:『シリア』で攻勢に出る『プーチン空爆戦略』の懸案」(名越健郎さん):対「イスラム国」で欧米との関係も修復の方向に向き、孤立からの脱出を図るロシア。懸案は国内2000万人のイスラム教徒の動向と原油価格の下落です。

 

「朝鮮半島」=「北朝鮮『崔龍海氏解任』の深層(上)『3度目の失脚』の謎を追う」(平井久志さん):10月31日付の機関紙にはコメントが載っていたのに、11月8日発表の名簿では名前が消えていた崔龍海。原因は「発電所の水漏れ」という説が流れているが……。

 

そして本日の更新記事は、フォーサイト副編集長・内木場重人の「フォーサイトを『脅迫』した犯人『逮捕』の一部始終(上)」です。書かれたことに対する抗議ではなく、名前を名乗らず記事も特定せず、ただ執筆者に危害を加えると脅迫する。そんな卑劣な犯人が逮捕された経緯、マスコミ業界の中でも極めて珍しいケースです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順