「南沙問題」をアフリカはどうみるか:「TICAD VI」の前に

平野克己
執筆者:平野克己 2016年8月22日
前回の第5回(2013年)は横浜での開催だった(C)時事

 

 すっかりご無沙汰してしまった(ちゃんと生きてます)。「研究活動からキレイサッパリ足を洗い、理事業に徹する」と決め、数々と諸々に集中これ努めてきた積りだが、「第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)」(8月27日~28日)のためケニアの首都ナイロビに旅立つ前に、この一大イベントについて書いておかなければと思った。3000人の日本人がやってくるというから、読者のなかにもナイロビへ行かれる方がいるかもしれないし、現地でお会いするかもしれない。

 

テーマは「援助」から「ビジネス」に

 TICADは今年一大転機を迎える。5年おきの開催が3年になり、日本とアフリカ交互で開かれることになって初めての会議が今回のTICAD VIだ。アフリカ連合(AU)の強い要請によってTICADは、「中国アフリカ協力フォーラム(FOCAC)」と同じ形式に変更されたわけだが、これほど密度の濃い恒常的チャンネルをアフリカとの間に設置しているのは、世界で日本と中国だけである。日中は、アフリカという場で、それぞれTICADとFOCACを掲げて相対峙することになったのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
平野克己
平野克己 1956年生れ。早稲田大学政治経済学部卒、同大学院経済研究科修了。スーダンで地域研究を開始し、外務省専門調査員(在ジンバブエ大使館)、笹川平和財団プログラムオフィサーを経てアジア経済研究所に入所。在ヨハネスブルク海外調査員(ウィットウォータースランド大学客員研究員)、JETRO(日本貿易振興機構)ヨハネスブルクセンター所長、地域研究センター長などを経て、2015年から理事。『経済大陸アフリカ:資源、食糧問題から開発政策まで』 (中公新書)のほか、『アフリカ問題――開発と援助の世界史』(日本評論社)、『南アフリカの衝撃』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2011年、同志社大学より博士号(グローバル社会研究)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順