軍事のコモンセンス
軍事のコモンセンス(16)

日本核武装の是非とその可能性

冨澤暉
執筆者:冨澤暉 2017年4月15日
カテゴリ: 国際 外交・安全保障
エリア: 北米 日本
1967年の2度目の訪米で「米国核依存」を、翌年には「非核3原則」を打ち出した佐藤栄作首相(右はジョンソン米大統領)(c)時事通信フォト

 

 今回は、前回(第15回)に述べた法的環境の下での「日本核武装の是非と、その可能性」について考えてみたい。

「非核3原則」と「米国核依存」の両輪

 1964年の10月に、中国が初の核実験を実施した。その直後の65年1月、訪米した佐藤栄作首相がジョンソン米大統領に「中共が核を持つなら日本も持つべきだと考える」と述べたことが、2008年の外交文書公開で明らかになっている。

 この会談が、それぞれにどのような影響を与えたのかは良くわからないが、佐藤首相は帰国後、内閣調査室に「日本核武装の可能性」を検討させる。その検討結果は「核武装は可能であるが、同盟国アメリカを敵にまわすことになり、また国民も大反対するので、実現は極めて困難である」であったらしく、これを踏まえて佐藤首相は1967年の2度目の訪米で、「わが国に対するあらゆる攻撃、核攻撃に対しても日本を守るという約束を期待する」と言い、ジョンソン大統領もこれを了承したという。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
冨澤暉 元陸将、東洋学園大学理事・名誉教授、財団法人偕行社理事長、日本防衛学会顧問。1938年生まれ。防衛大学校を卒業後、陸上自衛隊に入隊。米陸軍機甲学校に留学。第1師団長、陸上幕僚副長、北部方面総監を経て、陸上幕僚長を最後に1995年退官。著書に『逆説の軍事論』(バジリコ)、『シンポジウム イラク戦争』(編著、かや書房)、『矛盾だらけの日本の安全保障』(田原総一朗氏との対談、海竜社)。
comment:12
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順