秋篠宮親子のハンガリー訪問から見た日本

現地のメディアでは大々的に報道された

 

【筆者:吉田いづみ・Semmelweis(センメルワイス)大学医学部生】

 私はハンガリーで医学を学ぶ 。8月18~23日、秋篠宮親子がハンガリーを訪れ、数多くのニュースで取り上げられた。

筆者の吉田さん。1994年生まれ、千葉県出身。2013年にハンガリーへ渡り、1年間Pre-medical schoolを経て、現大学に。

 秋篠宮親子はハンガリーの南部にあるブカツという街を訪れ、農場の視察をされた。その中でも、秋篠宮さまが鶏や豚などの家畜の研究をされていることもあり、マンガリッツァ豚を見学されたようだ。マンガリッツァ豚とは、200年ほど前にハンガリーで生まれ、巻き毛で覆われているのが特徴であり、「食べられる国宝」として有名だ。 ハンガリーでは高級食材であるものの、健康食として一般の人にも親しまれている食材である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
医療ガバナンス学会 広く一般市民を対象として、医療と社会の間に生じる諸問題をガバナンスという視点から解決し、市民の医療生活の向上に寄与するとともに、啓発活動を行っていくことを目的として設立された「特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所」が主催する研究会が「医療ガバナンス学会」である。元東京大学医科学研究所特任教授の上昌広氏が理事長を務め、医療関係者など約5万人が購読するメールマガジン「MRIC(医療ガバナンス学会)」も発行する。「MRICの部屋」では、このメルマガで配信された記事も転載する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順