【木】クローン文化財、プーチン4選、神在月

執筆者:フォーサイト編集部 2017年10月12日
カテゴリ:

昨日午後、下記の2本をアップロードしています。

失われた「遺跡」も復活:オリジナルを超越する「クローン文化財」(フォーサイト編集部)オリジナルと同素材、さらには技法や時代的背景をも再現する「クローン文化財」。最先端のデジタルと伝統的なアナログ技術を駆使した制作過程などを、研究グループのリーダーである宮廻正明東京藝術大学大学院教授に伺いました。

 

プーチン大統領「4選」で「レームダック」の恐れ(ロシアの部屋・名越健郎さん)来年3月に行われるロシア大統領選挙。目下プーチン大統領の4選はほぼ確実な状況ですが、その後は「ポスト・プーチン」を巡る動きが活発化しそうです。

 

そして本日の更新記事は、関裕二さんの好評連載「国際人のための日本古代史」第91回「『神在月』から解ける『国譲り』『天孫降臨』神話の謎」です。「神無月」の今月、出雲だけは「神在月」。その謂れを辿っていくと、「神武東征」の神話の意味が読み解けてきます。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top