クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

監督と暴力とド根性

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2013年2月8日
カテゴリ: スポーツ 文化・歴史

 どこにでも転がっている名ではないから、高齢の読者の中には「ああ、ハムロさんね」と、即座に気付かれる方があるだろう。

 1936(昭和11)年のベルリン・オリンピック。水泳・200m平泳ぎ男子決勝。貴賓席のアドルフ・ヒトラー総統の目の前でドイツ選手と大接戦のすえ勝って金メダルを射止めた葉室鉄夫(1917-2005)のことである。

 

 ハムちゃんは競技人生を終えた後、毎日新聞(大阪)に迎えられ運動部の記者になった。撫で肩で体全体が魚のような流線型をしていた。性格温厚、いつもニコニコ微笑している方だった。原稿も巧かった。「お茶でも飲んでいかない?」と誘われ、私は高石町のお宅を訪ねたことがある。

 敗戦後まもない日本のスポーツ界に登場した英雄は、文句なしに古橋広之進だった。400m、1500m自由形ならどっちでも来い。必ず勝ち、しかも泳ぐたび世界新記録を更新した。彼が渡米して戦勝国アメリカの選手と競って勝つ。その快挙が当時の日本人をどんなに奮い立たせたか、いまの人には想像できないだろう。

 

 その英雄・古橋が大阪に来て、扇町プール(屋外)で日米対抗試合をした。運動部からは、もちろん葉室さん、社会部からも取材に行った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:34
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順