【金】3.11から3年(下)、米「サウジ訪問」

執筆者:フォーサイト編集部 2014年3月28日

昨夕、「中東の部屋」の運営者である池内恵さんの好評連載「中東―危機の震源を読む」第88回「オバマの『サウジ訪問』隠れた争点は『エジプト』」をアップロードしました。ロシアへの軍事的接近を仄めかしながら、米国とのディールを進めるサウジとエジプト。しかしオバマも「529人死刑判決」が出た国を簡単に支持はできません。

本日の更新記事は、吉野源太郎さんの「3.11から3年(下) 光は外から――共同体の崩壊と再建」です。福島では最近、ボランティアの数が減っています。一方で、自身の生活を投げ打って単身赴任してくる弁護士や、子供たちに放射線知識を教え、誇りをもって生きる姿勢を説き続ける医師たちがいます。共同体という”ムラ”の苦悩と、その先に見える光をレポート。無料公開しています。

「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「ウクライナ危機:共和党の『オバマ外交批判』とゲーツ前国防長官の反論」(足立正彦さん)の新エントリ。ロシアのクリミア併合をめぐって、ここぞとばかりオバマを叩く共和党。しかし、ブッシュ、オバマ両政権で国防長官を務めたゲーツ氏は、そうした批判を窘めています。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順