クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?
クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?

消えたマレーシア機の謎

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2014年4月9日
カテゴリ: 国際 文化・歴史

 今を去ること77年の昔話。アメリカにアメリア・イアハート(1897-)という、怖いもの知らずの女流飛行家がいた。

 彼女が生きたのは、どんな時代か? 1918年に終わった第1次世界大戦(当時は1,000万人が戦死する大戦争など2度とないと誰もが思ったから「欧州大戦」と呼んだ)で、史上初めて武器としての飛行機が登場した。だが、その主力は複葉機だった。

 リンドバーグが単葉単座機で大西洋単独横断に成功したのが1927年。それは人類に、長距離飛行という新しい可能性を拓いた。

 1937年、イアハートは赤道上世界一周飛行を発想した。ロッキード製、乗客12人の旅客機エレクトラ10Eの客席を改造し、予備の燃料タンクを積み、カリフォルニアを起点にニューギニアのラエまで飛んだ。乗っているのは彼女とナビゲーターの計2人。

 次の寄港地は当時日本の委任統治領だった南洋諸島に近い米領の無人島で、そこには先遣隊が行って待っていた。

 だが「私たちは、あなた方の上空にいるはずだが、あなた方が見えない」という無線通信を残し、イアハート機は消息を絶った。

 飛行機時代のヒロインが消えた。センセーショナルな出来事だから、いろんな臆測が流れた。日本軍に捕まって処刑された、いや皇居に監禁されているなど、荒唐無稽な「真相」が語られた。謎は、今日なお解けない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順