国際論壇レビュー
国際論壇レビュー

米中主役の「新たなグレート・ゲーム」

会田弘継
 この「グレート・ゲーム」に世界が注目する(C)AFP=時事
この「グレート・ゲーム」に世界が注目する(C)AFP=時事

 「新たなグレート・ゲーム始まる」(豪紙)「アジア太平洋の夢――幻想か、悪夢か」(シンガポール紙)「複旋律の時代」(カナダ紙)――。

 11月中旬の1週間、北京でのAPEC首脳会議に始まって、ミャンマーでの東アジア首脳会議、オーストラリアでのG20首脳会議と一連の大型国際会議がアジア太平洋地域で続いた。

 これらの会議の成果をめぐっては、各国の新聞見出しが示すように評価が錯綜する。首脳会議の脇で数多くの2国間首脳会談も行われた。それらすべてを踏まえた評価は、すぐには下せない。ただ、豪紙の「グレート・ゲーム」(大陸規模の陣取り合戦)という言葉が象徴するように、大きな「地殻変動」をうかがわせる1週間であった。のちに「時代を画した1週間」といわれる可能性もありそうだ。

 昨年は、オバマ米大統領が議会共和党との対立で予算不成立・政府機関閉鎖に直面し、アジアでの一連の首脳会議をすっぽかし、「アジア重視は見かけ倒しか」と不評を買った。シリア内戦対応での失策と相俟って、この大統領は外交音痴かと世界中が不信を抱くきっかけとなった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順